DIAMOND INNOVATION合同会社

ホーム | 事業内容 | 廃棄物減容システム | 選ばれる理由 | 会社概要 | お問合せ

ダイヤモンド イノベーション 合同会社の製品はすべて、優れた素材を用い、
細心の注意を払って、 最高の技術により製造されております。

現代社会の中で経済に関係なく増え続ける廃棄物

便利社会の多様化による資源の無駄使い

  • 食品の賞味期限の厳格化(期間内廃棄)
  • 過剰包装による資源の無駄使い(梱包・包装材)
  • 野菜・果物の形にこだわる社会(変形物廃棄)
  • 幼児や高齢者のオムツの廃棄(焼却温度問題)
  • 畜産農家の糞尿問題(臭い問題)
  • 新素材の処理の問題(焼却出来ない)
  • 焼却によるダイオキシン等の問題 焼却を始め、
    廃棄物の処分は限界に達しています
ダイアモンドイノベーション 合同会社 福岡 磁器熱分解装置
ダイアモンドイノベーション 合同会社 福岡 磁器熱分解装置

日本のゴミ排出量は1年間で東京ドーム60杯分!

現在日本では一人当たり1日に約1キロのゴミが排出されています。
日本全体で12万3,917トン1年で4,523万トン、大型10トン車452万3,000台分の量になります。
環境省では、このゴミを処理するために1年に3兆4,625億円をかけています。 

生活から出てくるゴミとは別に、企業や病院から排出される「産業廃棄物」の量は、 年間に3億7,914万トンもあります。
このゴミ処理に掛かる費用の統計は出されていませんが、10兆円を裕に超えるものと みられています。 
 平成26年報道発表資料(H24年度分)より 家庭から排出されるゴミ4,523万トンのうち、20%程度は再資源としてリサイクルされ ていますが、残りの大部分は焼却して最終処分場に埋め立てられています。
最終処分場の数及び、残余容量は平成10年ころから減少の一途で、今後も増えることは 期待でそうもありません。
また、関東や中部地域では最終処分場の確保が十分にできず、 域外に廃棄物が移動しています。

・現存の最終処分場の残余年数は約19年程度 と言われており、この間に対策を考える必要に迫られています。
ゴミを焼却して最終処分場に埋め立てる方法には、メリットもありますがデメリットに ついても考えなければなりません。
焼却することにより「無害化」「減容化」はできますが、ばいじん・酸化硫黄などの 有害物質を大気中に放出しています。 焼却場の煙突が高いのはそのためで、拡散することで生活圏に影響を及ぼさない工夫 なのです。
また、焼却してもゴミは10~20分の一程度にしか減容できません。

我々には、多くの子供たちに「健康な地球を残す」という義務があります。
もし、ゴミを250分の一以下に減容して、大気汚染を限りなく「ゼロ」に することができたらどうでしょう!

ダイアモンドイノベーション 合同会社 福岡 磁器熱分解装置

磁気処理装置【MAGPAYRO(マグパイロ) 】の歴史と特徴

磁気処理装置【MAGPAYRO(マグパイロ) 】は24~5年前から多くの企業が
開発したがいずれも頓挫している。

理由① 処理中の臭いや煙の処理が出来なかった。
理由② 含水率の高い廃棄物の処理が出来ず、含水率50%以下が限度。
理由③ 廃棄物によって処理出来ないものがあった。
理由④ 外気導入をおこなう必要がある為、焼却炉に分類されてしまう。

「磁気熱分解炉」【MAGPAYRO(マグパイロ) 】の特徴
(強力磁気の作用を活用した処理技術)

① 廃棄物を燃焼させずに灰化させる技術(ダイオキシンを出さない)
② 廃棄物の容量を減容化→ 250分1~300分の1に減容
③ 臭いと煙を焼却炉の1/100に減少する特殊技術により問題を克服

「磁気熱分解炉」【MAGPAYRO(マグパイロ) 】の機構
ダイアモンドイノベーション 合同会社 福岡 磁器熱分解装置
環境への配慮:環境負荷を大幅削減
ダイアモンドイノベーション 合同会社 福岡 磁器熱分解装置

“煤煙処理システム”

行程で発生する煤煙は、3本の水槽(深水1.5m)の中をバブリングさせ浄化されます。浄化されたエアは、
700ガウスの磁場で印加された後、本体内に戻す循環方式です。

“磁場印加システム”

煤煙処理システムから供給されたエアは、
7000ガウスの磁場を通って本体内に
戻されます。 磁場を印加する事により
熱を帯びやすい エアに変化し、焼却では
不可能な処理が 可能なのです。 ・外気の
供給不要

・炎が出ないので上昇気流無し
・500度の低温熱分解処理
ダイアモンドイノベーション 合同会社 福岡 磁器熱分解装置